二人組

夜10時。

その日は、どうしても近くのスーパーに行きたかった。

行って、ニベアの青缶を買いたかった。

夜11時には閉まってしまう・・・





と勝手に思ってた。

実際は、24時間開いてた。




でも勘違いしたままの私は、

とにかく急いでいた。


頭の中は、ニベアだらけ。

ニベアのことしか考えてなかった。

それはもう、口ずさむ勢い。



そんな私に、声を掛けてきた二人組がいた。






男女二人組。



男は大学生風。

女は劇団員風。


男「○○出口はどこですか?」


私「この道を真っ直ぐ行って、右ですよ」


私は優しいコだから教えてあげた。


男「あ!そうなんですか!」

女「逆だったね!」




・・・





・・・・・・









・・・・・・・・・?




あれ?

何故動かない。




二人組は、去ろうとはしなかった。




男「ちなみに、△△出口はどこですか?」



私「え?・・・だったら左ですね」




またまた教えてあげたよ。

優しいコだからな!



女「へぇー!この辺詳しいんですか?



私「いや、あんまり・・・」




・・・なんなんだこの人たち・・・。



女「実は、あとでもう一人来るんですけど、
先にいい感じのお店見つけておけって言われたんですよ」









知らねぇ・・・!(##゚Д゚)



そんな情報どうでもいい!

私はニベアを買いに行かなきゃならないんだよ!!




女「どこかいいお店知ってます?」







だからこの辺詳しくないって言ったじゃん!!




でも優しい私は、ここなんかどうですか?

って、数少ない知ってるお店を教えたよ。

場所も説明したよ。

女「あー・・・なんとなくわかります・・・」



(##゚Д゚)イライラ






痺れを切らした私は、スマホで調べてあげた。

そしたら女が言った。


女「あ!同じ機種じゃないですか!?
わー!偶然!」




スマホモッテルナラサッサトシラベロ。





女「それ、赤外線通信できます?

今度一緒に飲みましょうよ!」













何故だ・・・( `_ゝ´)





何言ってるの?この人。







私「いや、あの・・・ちょっと・・・」







女「大丈夫ですよ!交換しましょう?」








壺?壺を売られるの?私。







身の危険を感じた私は、

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ

と笑いながら、逃げた。







何だったんだろう、あの二人組。



東京コワイ((((;゚Д゚))))

スポンサーサイト

特技

5人の血液型を当てた。

特技って言ってもいいって皆に言われたけど、

次当てる自信がない。

というか、

この特技、なんの役にもたたない・・・。

ドイツ




オシャレな街のオシャレなお店でオシャレなドイツ料理を食べた。

値段もオシャレだった・・・⊂⌒~⊃。Д。)⊃

ビビりまして

東京13℃にビビって、

ダウンコート着た。






ら、



全然寒くなかった。









ので、


スタバでモカチップクリームフラペチーノを飲んで、

体温を下げてやった。



いい感じに寒い((((;・∀・))))


モチモチ



全粒紛のパンケーキ。

これはモチモチしてて美味しかった。

ハワイ系のお店だったんだけど、
ハワイのパンケーキが全粒紛入りってわけじゃ・・・ないよね?

ハワイ系のが全部モチモチしてるわけじゃ・・・ないのか?

よくわからない。

調べてもわからなかった。

さらっとネット検索した程度だけど。

性懲りもなく

この間、お母さんに付き合ってもらって、
また性懲りもなくお酒を頑張ってみた。

一般的にはおそらく、
非常に飲みやすく、
甘い果実酒。

それを眉間にシワを寄せながら、
物凄く嫌そうに飲む娘。

勿体ないからやめなさいとお母さんにいわれた。




でも、私酔ってみたい。

酔っぱらってどうなるか、非常に見てみたい!


いや、見れないけど。

お母さんに見てもらえるじゃん?



私の予想、機嫌がとんでもなく悪くなって、
暴れるまではいかないだろうけど、
他人に迷惑かけそう・・・。


予想だよ?


だってさ、酔い始めると、
フワフワして、楽しい気持ちに普通なるんでしょ?

でも私は、飲めば飲むほど、
心臓がえぐられるような嫌な感じがして、
段々不機嫌になってくるんだよね・・・。



・・・ね・・・。
飲まなきゃいいんだよね・・・。

知ってる。


でもやっぱ、皆が楽しそうに酔ってるのを見ると、
私もベロベロになってみたい衝動にかられるんだよ!

子供かって感じだけど、
何か羨ましいんだよ!



でも耐えられない。

アルコールが喉を焼くのを耐えられない。



それでも頑張って、瓶1本飲んだのね。
8%だから、弱いんだけど。

そしたら酔う前に、
別のお酒を飲んでいたお母さんが酔っぱらった。

そして寝た。

一人ぼっちになった。



見届け人の選択を間違えた。

バイオ祭り

同じ事務所の矢部さんと美幸ちゃんと、
バイオハザード6で遊んだ。

前の続きで、今回はクリス編。


美幸ちゃんはクリス、

私は相方を操作してたんだけど、
弾が無限の武器が、ロケットランチャーしかなくて、

仕方ないからそれだけ撃ってた。


何度もクリスを殺しかけたよ(゚ー゚☆


だって、私より先に行っちゃうんだもん。

私の前に立つと、ランチャーが後ろから飛んでくるよ☆彡


途中で、私の後ろから着いてきたけど、
クリスは隊長だもん。

部下の後ろに立っちゃいけないんだよ?

だから前に行かせた。

そして私は後ろからランチャー。

(´∀`*)ウフフ

楽しかった♪


頂き物

ひよさんから頂きました(・∀・)♪






知ってる人もいるかもですが、
これで2冊目なのですよ!

凄いなぁ!
小説家としてもデビューしちゃうなんて!


今度会った時は、「先生!」って言おうかな( *^艸^)

「ひよ先生!

よいしょ!ひよ先生!!」



・・・ぐへへ、楽しそうだ(`・∀・´)ニヤッ

東京にて

なに!?
何なの今日!?

超あったかいんですけど!!

一応、薄着ではあるんだけど、
首に、厚手のストール巻いてるのね。

寒いと思って。


いや!
暑い!!

なにこれ!!


・・・?(´゚ω゚`;)ハッ!!!!



モッズコートの内側に、
着脱可能なモフモフを付けてるからか・・・?





・・・やだ!
取るの面倒くさい!!





夜は寒いよ、きっと。





きっと・・・・・・。






そう、きっと・・・・・・。

どこかのショッピングモール内にあるレストランで、
食事をしていた。

6千円分食べたらしい。

お会計をしようと、店員さんに伝票を渡したら、
それを見た店員(女)が笑顔で言った。



店員(女)「2度とうちの店に来ないでください」








次の瞬間、私は店員(女)の胸ぐらを、
服が破けそうなほど引っつかみ、
ネームプレートを確認した。



そして店員(女)の目を見ながら、







私「2度と来るか」



と言い放った。








・・・夢だからね?

私、こんなことしないし出来ないよ。
:(;゙゚'ω゚'):

でも、ちょっと格好いいなと思った私だよ!
(`゚ω゚´)キリッ







でも、何でこんな夢見たんだ?


というか、6千円分も、
私何食べたんだ???




この日は、イライラしながら起きたよ。(##゚Д゚)イライラ



プロフィール

harumi

Author:harumi
名前:櫻井浩美(サクライハルミ)

事務所:オフィスワタナベ

誕生日:10月21日

手紙の宛先:〒151-0064
東京都渋谷区上原1-47-4金子ビル302
株式会社オフィスワタナベ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR